所沢市南住吉の所沢接骨院の子供に多い怪我

 

お知らせ

体幹

腰椎分離症

腰椎分離症は成長期のスポーツをしている人(特に10~15歳)に起こりやすい腰の骨に起こる疲労骨折です。

背中を反ったりすることで痛みがあったり、授業中に座っているだけでも痛いということもあります。

怪我の程度により、運動停止なのか運動を継続していいのか異なりますので、子供で腰が痛いと訴えていたら、なるべく早めの受診をおすすめします。

リトルリーガーズショルダー

リトルリーガーズショルダー
クリックすると拡大します

少年野球選手に多い肩の痛みのひとつで、投げている時や投げた後に肩の痛みを訴えます。

子供の骨が成長していく軟骨の部分を骨端線といいますが、この骨端線は投げるときの急激な捻りの外力に弱いため、投球動作で痛めてしまいます。
痛みを我慢したまま続けていると、成長障害にも繋がる可能性があります。

原因

投球動作は全身運動で様々な要因が考えられますが、投球時のいわゆる「開きが早い」ことが1つ挙げられます。
しかし、「開きが早い」原因が何かを探す必要があり、単なる癖なのか、体がかたいのか、筋力が足りなくてもフォームの不良は起こるので、何が原因かを見極める必要があります。

野球肘

野球肘
クリックすると拡大します

野球肘は大きく内側型、外側型、後方型に分けられ、そこからさらに細分化されます。

痛みを感じない例もありますが、多くの場合は野球でボールを投げている時や投げ終わった後に痛みを感じます。

近年、アマチュア野球では球数制限など、野球肘や野球肩から守ることが注目されており、当院でも超音波画像観察装置を用いて、早期発見や予防に力を入れております。

原因

野球肘や野球肩の多くは肩甲帯、体幹、骨盤帯、下肢など身体機能の問題やフォームに問題があることが多いです。

フォームに問題がある選手は2パターンいると思います。
1つはコーチに教えてもらったことをうまくインプット出来ない選手。インプットができないと当然アウトプットすることは難しいと思います。

もう1つは教えてもらったことをインプットできても、股関節の動きが固いなど身体機能に問題があることによって、うまくアウトプットできない選手もいます。

このような選手は身体機能を改善しなければ正しいフォームで投げたくても投げられません。

内側型
内側上顆骨端障害・内側上顆骨端線障害・内側側副靭帯損傷・
尺骨鈎状突起結節損傷・円回内筋症候群・尺骨神経障害

と、肘の内側でも痛める場所の違いで、様々なものがあります。

外側型
滑膜ヒダ障害・離断性骨軟骨炎

離断性骨軟骨炎とは、肘の軟骨やその下にある骨の傷害がおこりはがれる怪我です。

はがれた骨軟骨片が肘の関節に挟まることもあります。投球時や投球後の痛むことが多いですが、全く痛みがなくても、検診などで見つかることもあります。

後方型
肘頭窩インピンジメント

フォロースルー期(ボールを投げて肘が伸びたとき)に肘の後ろ側で骨同士がぶつかって痛めることがあります。

三角繊維軟骨複合体(TFCC)損傷

三角繊維軟骨複合体(TFCC)損傷
クリックすると拡大します

三角繊維軟骨複合体とは靭帯と軟骨で構成される組織で手の小指側に存在します。

手を地面に強くついた時やテニスなどのラケットスポーツで痛めることがあります。

この場所を直接押して痛い、手首を捻ると痛いなどの症状が出ます。

突き指による指の怪我

マレットフィンガー

腱のみが切れてしまうものと(腱性)、骨折を伴ったもの(骨性)があります。
第1関節が曲がったままで、指をまっすぐ伸ばそうと思っても伸ばせないのが特徴です。

マレットフィンガー

骨端線損傷

骨端線損傷
クリックすると拡大します

子供の骨が成長していく軟骨の部分を骨端線といいますが、突き指によりこの骨端線を痛めることがあります。

骨端線を損傷して位置がズレたりすると成長障害につながるので、整復といってズレた位置を戻す必要があります。

ジャンパー膝

ジャンパー膝
クリックすると拡大します

バスケットボールやバレーボールなどジャンプを頻繁に行うスポーツやランニングをしている人に好発します。

大腿四頭筋(太ももの前の筋肉)の繰り返しの収縮により、膝蓋靭帯や大腿四頭筋腱に微細な損傷が起きて痛くなります。

原因は大腿四頭筋の柔軟性の低下や大腿四頭筋の筋力の低下、ジャンプやランニングのフォームの不良によっても起こります。

オスグット-シュラッター病

オスグット-シュラッター病
クリックすると拡大します

骨端症という子どもにしか起こらない痛みです。

10歳~14歳ぐらいの成長期の子どもで、サッカーやジャンプ、ランニングを頻繁に行うスポーツをしている人に好発します。

大腿四頭筋(太ももの前の筋肉)の繰り返しの収縮により、膝蓋腱が付着する脛骨粗面に痛みが起こります。

原因は身長が伸びるスピードに対して、筋肉(腱)の成長が追いつかない為、筋肉が付着する骨(軟骨)にストレスがかかる事です。

これに加え、トレーニング量やフォームの不良などが原因となります。

シンディング-ラルセン-ヨハンソン病

シンディング-ラルセン-
ヨハンソン病
クリックすると拡大します

オスグット病と同様に骨端症のひとつです。

10歳前後の成長期の子供でオスグット同様にサッカーやジャンプ、ランニングを頻繁に行うスポーツをしている人に好発します。

膝蓋骨(膝のお皿)の尖部という一番下の部分に痛みが起こります。

シンスプリント

シンスプリント
クリックすると拡大します

シンスプリントは中学生~高校生ぐらいのランニングの機会が多い陸上部の人などに好発します。
ランニングやジャンプをしたときに脛骨(スネ)の内側に痛みが起こります。

原因は長趾屈筋、後脛骨筋という筋肉の過剰な収縮による筋・腱によるものや、ジャンプやランニング時に脚が着地する際に足首、膝、股関節がうまく衝撃を吸収できず、脛骨(スネ)にストレスがかかることにより発症することが考えられます。

他にも硬いサーフェス(路面)、フォーム不良、骨の形状や関節の位置によって負担がかかりやすくなり、リスクとなります。

足関節捻挫 (足首のねんざ)

足関節捻挫
クリックすると拡大します

足関節捻挫はスポーツ外傷の15~20%を占めるといわれています。

足関節捻挫の中にもいくつか種類がありますが、大半を占めるのがジャンプの着地や切り替え動作時に「足のふみ外し」により、足首の外側の靭帯や骨折を起こすものです。

しかし、足首の捻挫は一般的に『ただの捻挫だよ』と軽視されることが多いですが、このように靭帯や骨折を起こしていることが多いため、治療が必要になります。

また、足首の捻挫は再受傷をすることが多いため、そのリスクを減らすために、治療やリハビリが必要不可欠となります。

当院の運動療法(リハビリ)

怪我をした後や怪我の原因には多くの場合、運動の不正が起こるので、再発防止や早期復帰のために運動療法を行っています。

運動療法(リハビリ)
  • 運動療法(リハビリ)
  • 運動療法(リハビリ)
  • 運動療法(リハビリ)
  • 運動療法(リハビリ)
  • 運動療法(リハビリ)
  • 運動療法(リハビリ)
  • 運動療法(リハビリ)
  • 運動療法(リハビリ)
 
野球肘や野球肩の選手に対して投球フォームのリハビリ指導なども行っていますが、いきなりフォームを変えてしまうと試合などに影響が出てしまいますので、所属するチームの監督やコーチの了承を得てからフォーム変更の時期などを検討します。

接骨院概要

所沢接骨院 04-2907-7952

治療案内
各種保険取扱、交通事故、労災、自費治療
対応可能な症状
骨折、脱臼、捻挫、打撲、挫傷、肉離れ、
交通事故治療、スポーツ外傷、スポーツ障害、
野球肘、野球肩
受付時間
  9:00~12:30
15:00~21:00

※ 日曜日は9:00~15:00まで

休診日:火曜日、祝日

アクセス
〒359-1125
埼玉県所沢市南住吉21‐32 pockets 1F
所沢駅西口より徒歩10分
駐車場
6台あり
コインパーキング(K's PARK)と提携
場所は下のイラスト地図をご覧ください
★駐車場1時間無料
来院する前に精算機にて利用証明書の発券をお願いします
 
スマートフォン | パソコン