所沢市南住吉の所沢接骨院では野球肘やスポーツの怪我の治療に対応

 

お知らせ

偏平足を防ぐ筋肉

  • 2020年12月04日
  • カテゴリー:未分類

こんにちは。所沢接骨院の伝法です。
足のアーチが構造的もしくは機能的に破綻して、過剰にアーチが低下すると偏平足になりますが、アーチを保持するのに後脛骨筋長趾屈筋という筋肉が重要です。

後脛骨筋
後脛骨筋が働くことによって、荷重をしたときに足部内側縦アーチの低下を防ぎます。
歩行の立脚初期の踵接地時に生じる距骨下関節の外返しに対して、内返し方向に作用します。また、立脚中期~終期では距骨下関節の内返しをし、ショパール関節をロックすることにより、伝達効率を高めることにより推進力が増す役割も担います。
歩行
歩行時に接地している方の足が身体の中心~蹴り出すときに特に外在筋の後脛骨筋に加えて長趾屈筋も働きます。
このように歩行などの動作で上記の筋肉が正常に働くことによって偏平足を防ぎますので、筋肉の機能が低下すると偏平足のリスクが高まります。
次回はこれらの筋肉に着目した偏平足の運動療法を紹介します。

 

接骨院概要

所沢接骨院 04-2907-7952

治療案内
各種保険取扱、交通事故、労災、自費治療
対応可能な症状
骨折、脱臼、捻挫、打撲、挫傷、肉離れ、
交通事故治療、スポーツ外傷、スポーツ障害、
野球肘、野球肩
受付時間
  9:00~12:30
15:00~21:00

※ 日曜日は9:00~15:00まで

休診日:火曜日、祝日

アクセス
〒359-1125
埼玉県所沢市南住吉21‐32 pockets 1F
所沢駅西口より徒歩10分
駐車場
計11台あり(6台と5台)
コインパーキング(K's PARK)2カ所と提携
場所は下のイラスト地図をご覧ください
★駐車場1時間無料