オスグット | 所沢市南住吉の所沢接骨院
トップページ > 対応症状 > オスグット

オスグット

骨端症という子どもにしか起こらない痛みです。
10歳~14歳ぐらいの成長期の子どもで、サッカーやジャンプ、ランニングを頻繁に行うスポーツをしている人に好発します。
大腿四頭筋(太ももの前の筋肉)の繰り返しの収縮により、膝蓋腱が付着する脛骨粗面に痛みが起こります。
原因は身長が伸びるスピードに対して、筋肉(腱)の成長が追いつかない為、筋肉が付着する骨(軟骨)にストレスがかかる事です。
これに加え、トレーニング量やフォームの不良などが原因となります。