所沢市南住吉の所沢接骨院では野球肘やスポーツの怪我の治療に対応

 

お知らせ

投球動作はどんなにいいフォームでも負担がかかる

  • 2020年05月02日
  • カテゴリー:野球

こんにちは。所沢接骨院の伝法です。

投球動作は、
どんなに良いフォームでも肩や肘に負担がかかる動作です。全く負担かかないフォームなどはなく、投げれば投げるほど、負担になります。
投球障害を直す方法や予防する方法は、投球によって肩や肘にかかる負担をなるべく減らすしか方法はありません。
投球動作はワインドアップ、前期コッキング期、後期コッキング期、加速期、フォロースルー期から成り立ちます。

投球動作↑画像をクリックすると綺麗な画質で見れます

 

投球動作はワインドアップ、前期コッキング期、後期コッキング期、加速期、フォロースルー期から成り立ちます。

肩や肘の痛みを起こしやすいのは、後期コッキング期から加速期のフェーズです
この危険なフェーズで肘下がりがあると野球肩や野球肘になるリスクが高くなります。
しかし、このフェーズで肘下がり起こる原因はその前のフェーズにあることがほとんどです。
選手の投球フォームを指導する際に、「肘を高くあげなさい」などと教えることがよくあると思いますが、もちろん正しい指導だと思います。
勘の良い選手はこの一言で投球フォームが直ることもありますが、なかなか上手くいかない場合がほとんどだと思います。
選手は「肘を高く上げなさい」と言われると、リリースのときに肘を高くあげることは意識すると思いますが、
肘が高く上げられない原因はリリースより前の段階にあります。

このブログで何回かに分けて、なぜ肘下がりがいけないのか。どうすれば肘下がりが直るのかをお伝えしていこうと思います。

接骨院概要

所沢接骨院 04-2907-7952

治療案内
各種保険取扱、交通事故、労災、自費治療
対応可能な症状
骨折、脱臼、捻挫、打撲、挫傷、肉離れ、
交通事故治療、スポーツ外傷、スポーツ障害、
野球肘、野球肩
受付時間
  9:00~12:30
15:00~21:00

※ 日曜日は9:00~15:00まで

休診日:火曜日、祝日

アクセス
〒359-1125
埼玉県所沢市南住吉21‐32 pockets 1F
所沢駅西口より徒歩10分
駐車場
6台あり
コインパーキング(K's PARK)と提携
場所は下のイラスト地図をご覧ください
★駐車場1時間無料
来院する前に精算機にて利用証明書の発券をお願いします