所沢市南住吉の所沢接骨院では野球肘やスポーツの怪我の治療に対応

 

お知らせ

【投球障害】股関節の硬さによる影響

  • 2021年03月26日
  • カテゴリー:野球

こんにちは。所沢接骨院の伝法です。
野球の投球動作は全身運動なので、肩や肘の動き以外にも体幹や下肢の
連動性が非常に重要です。
この連動性が崩れていると野球肘や野球肩の原因となります。
今回は股関節内旋の動きが硬いと投球にどのような影響が起こるのかを説明します。

股関節内旋の硬さはこのようにみます。
↓↓↓↓↓↓股関節 可動域 股関節内旋可動域制限あり投球動作ではアクセラレーション期~リリース期、フォロースルー期で
軸脚(右脚)のパワーをステップ脚に乗せます。
その際に股関節内旋が必要となりますが、
①軸足の内旋可動域が悪いと、ステップ脚にパワーを伝えづらくなります。
②ステップ脚の内旋可動域が悪いと、右ピッチャーでは軸足が
一塁方向にパワーが逃げてしまいます
このような事が起こると、下肢からにパワーを体幹及び腕に伝えられない為、
強い球を投げようとするほど腕に力が入ることや、
フォロースルーが小さくなりやすくなる為、野球肩や野球肘のリスクとなります。
股関節の内旋が重要 股関節内旋により力を伝える

接骨院概要

所沢接骨院 04-2907-7952

治療案内
各種保険取扱、交通事故、労災、自費治療
対応可能な症状
骨折、脱臼、捻挫、打撲、挫傷、肉離れ、
交通事故治療、スポーツ外傷、スポーツ障害、
野球肘、野球肩
受付時間
  9:00~12:30
15:00~21:00

※ 日曜日は9:00~15:00まで

休診日:火曜日、祝日

アクセス
〒359-1125
埼玉県所沢市南住吉21‐32 pockets 1F
所沢駅西口より徒歩10分
駐車場
計11台あり(6台と5台)
コインパーキング(K's PARK)2カ所と提携
場所は下のイラスト地図をご覧ください
★駐車場1時間無料