所沢市南住吉の所沢接骨院では野球肘やスポーツの怪我の治療に対応

 

お知らせ

野球選手の肩内旋可動域が狭い理由

  • 2021年05月21日
  • カテゴリー:野球

こんにちは。所沢接骨院の伝法です。
前回のブログで野球選手の肩の特徴として、投球側の2ndポジションでの内旋可動域が狭いと説明しましたが、何故なのかという事を説明します。

2ndポジションでの内旋可動域が狭い理由
・上腕骨の後捻増大(生理的に後ろに捻じれている)
→骨格成長の特徴として上腕骨後捻は小学生高学年のときが1番大きくて、その後大人になるにつれて小さくなります。しかし、小学生高学年のときに投球動作を繰り返すとその後、後捻が小さくならないという説がありますが、これは繰り返される投球動作に適応するものなのなので、異常ということではありません。
・肩関節後方関節包の固さ
・1st内旋では棘下筋横走線維の固さ
・2nd内旋では棘下斜走線維の固さ
・3rd内旋では小円筋の固さ
肩関節関節包の図 棘下筋選手の肩内旋制限だけをみれば異常なことではありません。
しかし、外旋と内旋を合わせたトータルの可動域が非投球側よりも5°狭いと
障害のリスクとなるため、改善する必要があると思います。

接骨院概要

所沢接骨院 04-2907-7952

治療案内
各種保険取扱、交通事故、労災、自費治療
対応可能な症状
骨折、脱臼、捻挫、打撲、挫傷、肉離れ、
交通事故治療、スポーツ外傷、スポーツ障害、
野球肘、野球肩
受付時間
  9:00~12:30
15:00~21:00

※ 日曜日は9:00~15:00まで

休診日:火曜日、祝日

アクセス
〒359-1125
埼玉県所沢市南住吉21‐32 pockets 1F
所沢駅西口より徒歩10分
駐車場
計11台あり(6台と5台)
コインパーキング(K's PARK)2カ所と提携
場所は下のイラスト地図をご覧ください
★駐車場1時間無料