所沢市南住吉の所沢接骨院では野球肘やスポーツの怪我の治療に対応

 
カテゴリー

お知らせ

【野球肘・野球肩の原因】肘下がりとは・・・

こんにちは。所沢接骨院の伝法です。

以前、野球での肘下がりを直す方法を紹介しましたが、
今日はそもそも肘下がりとは何かをお伝えします。

肘下がりとは
通常、後期コッキング期(最大外旋位)~リリースのフェーズで非投球側の肩、投球側の肩、投球側の肘のライン(肩‐肩‐肘ライン)が一直線になるのに対して、
投球側の肘の位置がラインから下がることを肘下がりといいます。

言葉で説明してもほとんどの方はわからないと思いますので、
画像をご覧にいれます。

肩‐肩‐肘ライン

↑画像をクリックすると綺麗な画質で見れます

現ソフトバンクホークス工藤公康監督の現役時代の正面からの写真です。
綺麗にラインが一直線になっているのがわかります。

最大外旋位~リリース

↑画像をクリックすると綺麗な画質で見れます

この記事の結論ですが、
上記のフェーズでラインから肘が下がっていることを肘下がりといいます。
このフェーズで肘下がりが起こると、肩や肘に負担がかかり、野球肘、野球肩のリスクが高まります。

次回はなぜ肘下がりがいけないのかを詳しく説明いたします。

接骨院概要

所沢接骨院 04-2907-7952

治療案内
各種保険取扱、交通事故、労災、自費治療
対応可能な症状
骨折、脱臼、捻挫、打撲、挫傷、肉離れ、
交通事故治療、スポーツ外傷、スポーツ障害、
野球肘、野球肩
受付時間
  9:00~12:30
15:00~21:00

※ 日曜日は9:00~15:00まで

休診日:火曜日、祝日

アクセス
〒359-1125
埼玉県所沢市南住吉21‐32 pockets 1F
所沢駅西口より徒歩10分
駐車場
6台あり
コインパーキング(K's PARK)と提携
場所は下のイラスト地図をご覧ください
★駐車場1時間無料
来院する前に精算機にて利用証明書の発券をお願いします