所沢市南住吉の所沢接骨院では野球肘やスポーツの怪我の治療に対応

 

お知らせ

野球選手の肩の特徴

  • 2021年05月14日
  • カテゴリー:野球

こんにちは。所沢接骨院の伝法です。
プロ野球で3年以上プレーした選手の投球側の肩の特徴として
非投球側と比較すると、
・2ndポジションでの外旋可動域が大きい
・2ndポジションでの内旋可動域が小さい
と言われています。

この特徴が障害のリスクにどのように繋がるのかというと、
内旋制限があるだけでは必ずしもリスクがあるとは言えないようです。
しかし、内旋・外旋のトータルの可動域が非投球側よりも5°以上狭いと障害のリスクと言われています。
つまり、内旋と外旋をトータルで考える必要があります。


投球側
外旋136° 内旋46°トータル182°
非投球側
外旋130° 内旋58°トータル188°  非投球側よりも6°狭い
肩内旋と外旋のトータルを比較
投球障害検診の1つの項目として使えそうですね。

接骨院概要

所沢接骨院 04-2907-7952

治療案内
各種保険取扱、交通事故、労災、自費治療
対応可能な症状
骨折、脱臼、捻挫、打撲、挫傷、肉離れ、
交通事故治療、スポーツ外傷、スポーツ障害、
野球肘、野球肩
受付時間
  9:00~12:30
15:00~21:00

※ 日曜日は9:00~15:00まで

休診日:火曜日、祝日

アクセス
〒359-1125
埼玉県所沢市南住吉21‐32 pockets 1F
所沢駅西口より徒歩10分
駐車場
計11台あり(6台と5台)
コインパーキング(K's PARK)2カ所と提携
場所は下のイラスト地図をご覧ください
★駐車場1時間無料