所沢市南住吉の所沢接骨院では野球肘やスポーツの怪我の治療に対応

 

お知らせ

【背屈制限の原因】足首の捻挫

  • 2020年11月06日
  • カテゴリー:未分類

こんにちは。所沢接骨院の伝法です。
足首の捻挫による外側靭帯損傷が距腿関節の背屈制限になる原因を解説します。
通常、背屈の際に距骨は下腿に対して後方に滑ります。

距骨の動き足首の捻挫を繰り返すと慢性足関節不安定症(CAI)になり、CAIでは距骨の位置が下腿に対して前方に変位すると言われています。
背屈の際に距骨は後方にすべる必要があるので、距骨が逆方向である前方に変位すると後方に滑りづらくなる為、背屈がしづらくなります。
距骨の後方すべりを阻害する因子は他にも長母趾屈筋腱や後方関節包の拘縮など様々な原因があります。
踵をつけたまましゃがめない。つまり背屈制限は単純に身体が硬いという原因だけではく、怪我や使い方の癖によって起こります。

接骨院概要

所沢接骨院 04-2907-7952

治療案内
各種保険取扱、交通事故、労災、自費治療
対応可能な症状
骨折、脱臼、捻挫、打撲、挫傷、肉離れ、
交通事故治療、スポーツ外傷、スポーツ障害、
野球肘、野球肩
受付時間
  9:00~12:30
15:00~21:00

※ 日曜日は9:00~15:00まで

休診日:火曜日、祝日

アクセス
〒359-1125
埼玉県所沢市南住吉21‐32 pockets 1F
所沢駅西口より徒歩10分
駐車場
6台あり
コインパーキング(K's PARK)と提携
場所は下のイラスト地図をご覧ください
★駐車場1時間無料
来院する前に精算機にて利用証明書の発券をお願いします